審美歯科治療

ホワイトニングとは歯の脱色のことで、生活習慣、遺伝、加齢などが原因で黄ばんだ歯を薬の力で白く漂白する方法です。
歯のホワイトニングは、歯が黄ばんでしまっために笑えないといった悩みを解消します。

■ホワイトニングの仕組み
使用する薬の主成分として、過酸化水素と過酸化尿素があり、この2つを併用しているものもあります。これらは一定温度になると、酸素と水に分解されます。
分解の時に発する酸素が歯の色素と結びつき、色素を分解します。
そして、この過程で生じる活性酸素が、歯の表面のエナメル質表層に光を乱反射させるように作用し、もともと黄味色の強い象牙質の色が、透けて見えないようになります。
このように口腔内で分解された酸素がエナメル質に浸透し、歯の色素だけを分解して無色化させるため、歯を削らずに色を明るくする事ができるということです。

■2種類のホワイトニング
ホワイトニングの方法としては、オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングの2種類があります。おもにオフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を使用し、歯科医院で歯科医師か歯科衛生士が行うホワイトニング方法です。ホームホワイトニングは、低濃度の薬剤を使用して自宅で行うホワイトニングです。それと、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用していく方法もあります。

■オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは、まず歯の表面をクリーニングし、オフィスホワイトニング専用の薬剤を歯の表面に塗って、光や熱を照射することで歯を白くします。歯の表面に照射する光や熱については、歯科医院ごとによって様々な方法で施術されます。
オフィスホワイトニングだと短時間に白くすることができますが、その分、後戻りも早いと言われています。

■ホームホワイトニング
ホームホワイトニングは自宅で自らホワイトニングを行なう方法になります。自分の歯の形に合ったマウスピース(カスタムトレー)を歯科医院で作成し、そのトレーの中にホームホワイトニング専用の薬剤を入れ、毎日歯に1~2時間連続して装着しそれを2週間から3週間ほど続けていく方法です。

通常のの歯の噛み合わせは、しっかり咀嚼する事により上顎と下顎の歯が摩耗し、それぞれ違う顎や顎骨の作りにぴったりの自分のためだけのピッタリとあった噛み合わせが作られるのです。
今や医療技術が著しく前進し、針の無い注射器や各種デンタルレーザー治療器を使用することにより、痛みをかなり軽くすることのできる「無痛治療」という治療方法が実用化されています。
甘い菓子を大量に食べすぎてしまったり、毎日の歯のブラッシングを手を抜いて行うと、歯周病の大元となる菌が蔓延してしまい、プラークが増加し、挙句の果てには歯肉炎が生じてしまうと言われています。
このごろは医療の技術が一気に発達し、なんと無針注射器シリジェットや痛みの少ない各種レーザー治療器を使う事で、随分痛みを抑えられる「無痛治療」という手段が開発されているのです。
ドライマウスの主だった愁訴は、口内がカラカラに乾く、のどが渇く等が一般的です。症状が激しい場合だと痛み等の苦痛な症状が出てしまうこともあるとされています。

口腔外科という所は歯槽膿漏やむし歯または入歯の処置だけではなく、他にも口腔内にできてしまうさまざまな病状に立ち向かえる診療科目の一つなのです。
口の中の臭いの存在を同居の家族にさえ尋ねることのできない人は極めて多いと考えられています。そう言う人は、口臭予防外来へ出かけて口臭の専門施術を試してみる事を提唱します。
歯をいつまでも維持するにはPMTCは大変大事なことであり、この事が歯の処置の後の状態を半永久的に保てるかどうかに多大な影響を与えることも事実なのです。
口の中の状況はもとより、口以外の場所の具合も含めて、担当の歯医者さんときちんとご相談してから、インプラントの施術を始めるようにしましょう。
歯の噛み合わせのなかでも特に前歯が何度も当たってしまう事例では、ものを噛む度にストレスが上顎の骨の前の方や鼻骨に直に集中します。

やっかいなプラークが蓄積しないよう、歯石予防を毎日しっかりとおこなうのが極めて重要なポイントになります。歯垢の溜まりやすいところはしっかりと磨くことがより大切になります。
在宅医療において歯科衛生士が必要とされるのは、一番には口腔内をきれいな状態にすることです。患者の口の中が汚い状態だと、菌が増殖した歯のカスそのものを飲み込む危険性があります。
眠っている間は唾液を分泌する量が格段に少なくて足りないため歯の再石灰化機能が動かず、phバランスの悪い口の中の中性の状態を保持することが難しくなるのです。
プラークコントロールと言えば、歯みがきを連想する方の方が大部分だとお見受けしましたが実際はそれ以外にもバラエティに富んだプラークコントロールの活躍があると言われています。
唾液そのものは口内の掃除屋さんと考えられるほどに大事なものですが、その唾液そのものが減れば、口腔内の臭いが強くなってしまうのは然るべきことと認識されています。

ドライマウスによく見られる愁訴は、口内が乾燥する、とにかく喉が渇くというのが約90%を占めます。症状がきついケースだと、痛み等の不愉快な症状が出現することもあるとされています。
応用範囲の非常に大きい歯医者用のレーザーは、ラインナップも豊富で、これ以外に色々な医療現場に取り入れられています。この先より可能性を感じます。
口の中が乾燥するドライマウスは、ストレスが原因で発症する人もよくあるので、今後の社会には、バリバリ働く年代の男性にも症状が出る危険性はかなりあるのです。
例えば噛み合わせのなかでも特に前歯がよく当たる場合だと、噛み合わせる度にショックが、上の顎の骨の前や鼻の骨にダイレクトに加わってしまいます。
セラミックの治療といっても、いろんな材料や種類等が用意されているため、歯科の医師とじっくり相談して、自分に向いている施術方法を吟味しましょう。

キシリトールの成分には虫歯を予防する有用性があるとの研究結果が公開され、その後からは、日本はもちろんの事世界中の国々で盛んに研究がおこなわれてきました。
虫歯の根源は、ミュータンス菌という名前の菌が起こす感染なのです。口腔内にムシ歯菌が出現したら、それを完全に取り除くのはすごく難度の高い事なのです。
一般的に見れば医師が多いので、じっくりと患者さんを診察してくれそうですが、意に反してそういう場所には流れ作業であるかのごとく、患者に治療を施す場所もあるようです。
第一段階の頃は歯周病を起こす原因菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それが大元で歯肉が炎症を起こしてしまって赤くなって熱を持ったり、ハブラシで歯を磨くといつも出血したりする異常が見られるのが歯肉炎の病状です。
患者の希望する情報提供と、患者が心に誓った方針を優先すれば、結構な職責が医者に今まで以上にのしかかってくるのです。

診察時のインフォームド・コンセントは、病気の具合をしっかりと会得し、それに向けた治療行為に、自ら努力しましょうという方針に準拠するものです。
インプラントによるメリットは、入れ歯の短所を補うことや、本来に近い歯にできることや、インプラント以外の周辺の歯を守ることなどが挙げられます。
歯垢が歯の外側に蓄積し、その部分に唾液の成分に入っているカルシウムやほかのミネラル成分が共に貼りついて歯石が作られますが、その理由はプラークなのです。
口内炎のでき具合やできてしまった部分によっては、ただ舌が移動しただけで、ひどい激痛が発生し、唾を嚥下するのさえ困難を伴います。
一般的な歯の噛みあわせは、長時間噛むことにより歯が摩耗し、個々の顎や顎骨の形に適合した、オリジナルの快適な歯の噛み合わせが作られるのです。